結婚指輪を購入するときは一から二人でデザインを考えて

長く快適に使うために

リング

結婚指輪を選ぶとき、多くの人はまずどのような材質の結婚指輪にするかということから検討を始めることでしょう。結婚指輪の材質としては、金やプラチナが人気があります。ただしカップルのどちらも銀のアクセサリーが好きだとか、銀のジュエリーを作っている人気ブランドの指輪にしたいというような場合には銀でももちろんかまいません。金・銀・プラチナはいずれも使用しているうちにキズや汚れが目立ってきても、専門店でクリーニングを依頼すればきれいにしてくれます。金・銀・プラチナのどれにするか、あるいはもっと希少な金属にするかということが決まったら、次は結婚指輪の形についても決めることが必要になります。これは見た目や人気のデザインということだけでなく、使用感に大きく関わってくることなので注意深く検討することが大切です。

結婚指輪の形には、大きく分けて甲丸と平打ちがあります。最近では甲丸をバレル(樽)タイプ、平打ちをフラットタイプと呼ぶことも多くなっています。甲丸にはさらに普通の甲丸のほか逆甲丸、月形甲丸、平甲丸、内甲丸、山高甲丸などたくさんの種類があります。先にも述べたように指輪の形が違うと指にはめたときのなじみ方が変わるので、外観が気に入ったとしても実際に指にはめてみて着け心地をチェックするのがよいでしょう。細かいことにこだわらない人は指当たりなど気にならないこともありますが、手を使う仕事の人や神経が鋭敏な人の場合には使っているうちにだんだん気になってしまうことがあります。結婚指輪にも独自のデザインを求めるカップルが増えたため、細いタイプの指輪だけでなくごつめのデザインの指輪も最近人気が高くなってきています。アームの部分が通常よりも太い場合は特に念入りに着け心地をチェックするようにしましょう。