結婚指輪を購入するときは一から二人でデザインを考えて

製法も確認して選ぼう

男女

結婚指輪は一生使うことを前提として選ぶものです。したがって、できるだけ変質や変形が起こりにくいような指輪が望ましいといえます。結婚指輪を製作するには鍛造と鋳造という二種類の製造方法があります。このどちらがより人気かといえば、カップルの好みや価値観によっても異なります。鍛造によって製作された結婚指輪が人気なのは、職人が金属を鍛え上げて造るため金属がしっかりと締まっており、力がかかっても変形しにくいためです。一方、鋳造は樹脂を使ってあらかじめ造った型に金属を流し込んで結婚指輪を造るというものです。樹脂で型を取るので、かなり複雑で繊細な文様でも型どおり再現して結婚指輪を製作することができるため、こちらも人気があります。

鍛造によって製作する結婚指輪は金属を鍛えるため、繊細な細工というよりはプレーンなラインを持つシンプルな結婚指輪になることがほとんどです。一方、鋳造によって作る指輪は装飾的な意匠のものが多くなっています。昔のような何の飾りもない結婚指輪は今でももちろん人気がありますが、個性豊かな装飾を施して女性らしさを全面に打ち出したようなデザインの結婚指輪も大変人気を呼んでいます。ただし鋳造の場合は金属を鍛え上げているわけではないので、金属が締まっているというわけではありません。このため、あまり繊細なデザインや非常に細いものだと使用中に負荷がかかって曲がってしまう可能性もあります。もちろんそんなときも修理はできますが、自分のライフスタイルと考え合わせて選ぶことをおすすめします。